go to top

採用情報

お仕事紹介

副産物から、新たな価値を生み出すお仕事です。

当社は、日本製鉄株式会社の製鉄所内で製鉄プロセスの一翼を担い、さまざまなプラントの操業を行うと共に、製鉄プロセスの中で発生する多様な副産物の加工・販売を行っています。

スラグ事業

地図に残る仕事をしよう!

鉄鋼スラグは鉄鋼製造工程において「副産物」として発生 し、大きく分けて高炉スラグと製鋼スラグ(転炉スラグ) の二種類があり、当社は、これらのスラグ加工などに携わ っており、副産物の有効活用に貢献しています。

ダスト(製鉄原料)事業

環境に・人に優しく副産物を再資源化!

原料を用いる都合上、製鉄工程の途中で、原料を含む含鉄微粉(ダスト)が発生します。これらを集塵機にて回収し、当社の設備・技術によって再び製鉄原料として用いています。当社の混合・造粒技術は、製鉄所構内の省資源化/省エネルギー化/環境保護に寄与しています。

君津RHF1号機

ダストペレット(ダストにセメントを混合し、造粒した人工の鉄鉱石)

酸回収事業

実は国内シェア日本一!

鋼板を酸洗(さんせん)した廃酸は、環境負荷低減を図りつつ、資源として有効活用が行われます。
また、その工程で回収される酸化鉄は成分調整などを得たのち、製品化されます。酸化鉄は、磁性材料用として必要不可欠なフェライト磁石の主原料として用いられており、当社は同製品において国内製造のトップシェアを誇っています。

水処理事業

鉄づくりに欠かせない水を守る!
鉄鋼を1t造る上で約130~170t!もの水が使用され、うち90%が浮遊物質や酸化鉄・油分などに対応した処理装置を用いて処理をされた後、再循環され、利用されています。
これらは製鉄所構内のゼロエミッションに大きく貢献。海に放流する際も基準値に達するまで徹底的に浄化した後、行われます。

水処理の監視業務

貯水槽

プラスチックリサイクル事業

CO2排出量削減など、環境保全に貢献!

製鉄所では、行政が回収した一般家庭のプラスチックごみを高炉用コークス製造工程で熱分解し、油、ガス、コークスへとほぼ100%リサイクル(コークス炉化学原料化法)することで、プラスチック廃棄物問題の解決、省資源・省エネルギーの実現、焼却量削減によるCO2削減(地球温暖化防止)を推進しています。
当社ではこの事前処理として、プラスチックごみに熱を加え減容成形する設備の運転維持管理行うことで、循環型社会の一翼を担っています。

採用情報 INDEX