製鉄原料

君津RHF1号機
君津RHF1号機

製鐵所では、製鉄原料として鉄鉱石や石炭などを扱っており、製鉄工程の各所からは、これら原料を含む多量の含鉄微粉が発生します。

含鉄微粉は集塵機により回収され、当社で再び製鉄原料としてよみがえります。当社の混合・造粒技術は、製鉄の省資源と省エネルギーに大きく寄与しています。

製鉄工程と含鉄微粉等の種類
製鉄工程と含鉄微粉等の種類

混合・造粒技術

製鐵所内の含鉄微粉は極めて微細で、そのまま原料として再利用すると製鉄工程で設備内での閉塞や飛散などが起こり、安定的な使用ができません。そのため、当社では製鉄工程に適した方法で乾燥、各種含鉄微粉等の混合、塊成化などを施しており、製鉄原料として最適な品質に加工処理し、リサイクルしています。

塊成炭

高炉用コークス製造においては、強粘結性石炭が不可欠ですが、非粘結性石炭でも成型・コークス化することで高炉使用が可能となります。(成型炭配合法)

現在では更に生産性・品質・コストメリットを向上させた乾燥微粉炭塊成法がコークス事前処理設備の標準となっており、当社石炭塊成工場が1号機として稼働しています。(大分支店)

プラスチックリサイクル

製鐵所では、行政が回収した一般家庭のプラスチックごみを利用し、高炉用コークス製造工程にて熱分解を行い、油、ガス、コークスへとリサイクルしています(コークス炉化学原料化法)。当社ではこの事前処理としてプラスチックごみを減容成形する設備の運転維持管理を担っています。(大分支店、名古屋支店)

回転炉床式還元炉(RHF設備)

製鐵所内の集塵粉には、亜鉛分の含有量が多く、リサイクルが困難なものも存在します。
新日鐵住金株式会社では、このような集塵粉の更なるリサイクルを目的に、平成12年、RHF技術を開発導入しました。

RHF設備は、集塵粉をコークス粉などの還元材と混合して炉内にて高温処理することで、亜鉛の分離除去と酸化鉄の還元を行っており、それまでリサイクル困難であった集塵粉の製銑工程での最適利用を可能にしました。また、分離除去された亜鉛は集塵機で回収し、亜鉛精錬原料として販売しています。

当社は、新日鐵住金株式会社所有のRHF設備(君津支店3基、広畑支店4基)の運転維持管理をしております。

溶銑予備処理剤

鋼を作る際には、転炉での精錬効果を大幅に向上させ溶鋼の純度を高めるために、溶銑予備処理と呼ばれる事前処理を行います。当社はこの溶銑予備処理に必要な良質の脱珪剤・脱硫剤・脱燐剤などを製造、供給しています。

押出成形

押出成形

コールドペレット

コールドペレット